Lesson

ミラーレスって何?4

前回はミラーレスの仕組みでした。
今回はミラーレスの特徴をまとめてみます。

①どの形・機種でもレンズ交換ができます
単焦点やズームレンズ、マウントアダプターを使うことで昔のレンズや、他のメーカーのレンズを楽しむことができます。

②ファインダーがある機種とない機種があります
ファインダーがあると一眼レフのような形に、無いとコンパクトカメラのような形になります。
ファインダーはすべて電子ファインダー(EVF)です。
オリンパスPENシリーズのように、ファインダーを別につけられるのもあります。
富士フィルムのX-Pro1は光学ファインダーとEVFを切り替えることができます。

③画質は一眼レフ並み
センサーサイズは機種によって違うのですが、フルサイズやAPS-C、オリンパスやパナソニックは4/3型(フォーサーズ)と、一眼レフと同じセンサーを使う機種が多いです。
なので、一眼レフほど大きくなくても、きれいな写真を撮ることができます。

④ボディサイズは小さい
一眼レフと同じセンサーでも、ミラーが無い分だけ、ボディは小さく作ることができます。
なので、ファインダーの無い機種ならコンパクトカメラと変わらない大きさで、一眼レフと同じ画質の写真を撮ることができます。

 

ミラーレスって何?3

前回はミラーレスはメーカーによって規格がバラバラだと書きました。
今回はミラーレスの仕組みについてです。

ミラーレスとは名前の通りミラーがレス(無い)なのです。
一眼レフはミラーで光を反射させてファインダーで見られるような仕組みです。
ですがミラーレスはそのミラーが無く、センサーがむき出しになっています。
ミラーレス.png

ミラーが無いとファインダーをのぞいても、何も見えないのです。

ファインダーが無くても、コンパクトカメラみたいに後ろの液晶画面を見ればいいと思った方、その通りです。

それがコンパクトカメラの形をしたミラーレスです。

ミラーレスEVFなし.png

センサーで光を受けて液晶画面で見るという仕組みはコンパクトカメラ同じです。
レンズ交換ができることが違うだけで他は同じ。

じゃあファインダーのあるミラーレスはどうなの?
こんな仕組みです。

ミラーレスEVFあり.png

センサーで受けた光を液晶か、電子ファインダー(EVF)で表示させるのです。
オリンパスPENのように、ファインダーが別につけられるのもありますね。

これぞデジタルならではです。
フィルムではできません。

ずっとファインダーをのぞいて写真を撮ってきた者としては、ファインダーがないと落ち着かないですけどね。

Q.ミラーが無いことのメリットはなんでしょうか?
A.ミラーが無い分だけ小さく作ることができます

小さいセンサーを使うとボディもどんどん小さくできます。
ペンタックスQ10はコンパクトカメラと同じ1/2.3型のセンサーを使っていますので、すごく小さいですね。

ということで、メーカーがそれぞれ好きなセンサーサイズでカメラを作っているので、みんなバラバラになってしまうのです。

 

ミラーレスって何?2

前回はミラーレスがメーカーによって呼び名がバラバラだと書きました。
今回はいろいろバラバラという話。

カメラ屋(電器屋)に行くとカメラが並んでいます。
一眼レフとコンパクトカメラはパッと見わかります。

あれ?これって一眼レフ?コンパクトカメラ?なんてことはありませんか?
レンズが交換できるから一眼レフっぽいんだけど小さい、とか、小さくてコンパクトカメラっぽいんだけどレンズが大きいとか。

なんかよくわからないのは、きっとミラーレスです。
ミラーレスは一眼レフでもなければコンパクトカメラでもない、中間的な存在なのです。
しかもメーカーによって大きさや形がバラバラ。

【形】
ミラーレスと言っても一眼レフのような形や、コンパクトカメラのような形、ライカのような形の機種があります。
形の違いはファインダーがあるかないかですね。
今発売されている機種をざっとあげます。

一眼レフのような形のミラーレス
・オリンパス OM-Dシリーズ
・ソニー α-7とα-7R
・ニコン ニコン1 V2
・パナソニック LUMIX GシリーズやGHシリーズ
・リコー(ペンタックス)K-01 Qシリーズ

コンパクトカメラのような形のミラーレス
・オリンパス PENシリーズ
・キャノン EOS-M
・ソニー NEXシリーズ
・ニコン ニコン1 Jシリーズ、S1、AW1
・パナソニック LUMIX GXシリーズ、GFシリーズ、DMC-GM1K
・リコー(ペンタックス) GXR

ライカのような形のミラーレス
・富士フィルム Xシリーズ

【センサーサイズ】
メーカー、機種によってセンサーのサイズもバラバラです
センサーサイズが大きい順にあげていきます。

・フルサイズ ソニー α-7
・APS-C キャノン EOS-M、ソニー NEXシリーズ、富士フィルム Xシリーズ、リコー(ペンタックス) K-01、GXR
・4/3型 オリンパス、パナソニック
・1型 ニコン1シリーズ
・1/1.7型と1/2.3型 Qシリーズ

メーカーによって形、センサーサイズ、ボディの大きさもバラバラです。
新しい規格なので群雄割拠という感じですね。

じゃあいったいミラーレスって何か言うと、名前の通りミラーがレス(無い)なのです。
一眼レフはミラーで光を反射させてファインダーで見られるような仕組みでしたが、ミラーレスはそのミラーが無いのです。

一眼レフはミラーがある
ミラー.png

ミラーレスはミラーがない
ミラーレス.png

続く

 

ミラーレスって何?1

ミラーレスってなんぞや?

カメラ屋さんに行くと一眼レフのような形のミラーレスや、コンパクトカメラのような形のミラーレスが並んでいますね。
いったい何が違うのでしょうか。

この記事を書くためにちょっと調べてみたらメーカーによって呼び名がバラバラですね。
各社のホームページにどう書かれているかをあげます。

パナソニックはこのページだけでミラーレス、ハイブリッド一眼、ミラーレス一眼、一眼カメラ、デジタル一眼と書いています。
http://panasonic.jp/dc/g_series/index.html

オリンパスはミラーレス一眼
http://olympus-imaging.jp/product/dslr/index.html

ソニーはデジタル小型一眼カメラ[Eマウント]
http://www.sony.jp/ichigan/index-e.html

キャノンはミラーレスカメラ
http://cweb.canon.jp/eos/lineup/index.html

ニコンはレンズ交換式アドバンストカメラ
http://www.nikon-image.com/products/camera/acil/

富士フィルムはレンズ交換式プレミアムカメラ
http://fujifilm.jp/personal/digitalcamera/x/

リコー(ペンタックス)はミラーレス一眼
http://www.ricoh-imaging.co.jp/japan/products/

価格.comでは一眼レフやミラーレスがひとくくりでデジタル一眼カメラにジャンル分けされていますね。
http://kakaku.com/camera/digital-slr-camera/

一般社団法人カメラ映像機器工業会(CIPA)ではノンレフレックスと呼んでいます。

これじゃ買う方も混乱します。

続く

 

一眼レフの仕組み

今回は一眼レフの仕組みについてです。

一眼レフの一眼って何?

読んで字のごとくひとつの眼です。
つまりレンズがひとつということです。

2眼レフというのもあります。
レンズがふたつ付いています。
ローライフレックスが有名ですね。
画像を見たい方は検索してみて下さい。

一眼レフのレフって何?

ドイツ語のシュピーゲル(鏡)・レフレックス(反射)からきています。
一眼レフレックスの略ですね。

つまり一眼レフとはレンズがひとつで、光が鏡(ミラー)に反射する形をしたカメラのことです。

と言われてもよくわからないですよね。
イラストを用意しました。

レンズを通って入ってきた光をミラーで反射させて上にあるペンタプリズムに送ります。
ペンタプリズムでも光は反射してファインダーに送られます。
そしてファインダーで画像を見ることができるのです。

一眼レフ通常時.png

下は一眼レフのレンズを外した写真です。
カメラの中に鏡(ミラー)があります。
レンズを通ってきた光をこのミラーで上のペンタプリズムに反射させているのです。

ミラー.png

ミラーの奥にはセンサーがあります。
撮影するときはこのミラーが跳ね上がってセンサーに光が送られるという仕組みです。
センサークリーニングをするとミラーが跳ね上がってセンサーを見ることができます。

一眼レフ撮影時.png

一眼レフのメリットは実際に写るのと同じ画像をファインダーで見られることです。
レンズを通ってきた光は逆さまになるのですが、ミラーとペンタプリズムを通ることで、ファインダーでは正しく見えるのです。
2眼レフやレンジファインダーでは見る画像と実際に写る画像は違うのです。

ちなみに撮影するときはミラーが跳ね上がって光がセンサーに送られているので、ファインダーでは画像を見ることができません。
速いシャッタースピードなら1瞬だけですが、1分とか数十分、時には数時間かけて撮ることもあって、そんな時はずっと画像が見られないままになってしまいます。
これが一眼レフのデメリットですね。

 

コンパクトカメラ

カメラ屋さんに行くといっぱいカメラがならんでいますね。
一眼レフやコンパクトカメラ、最近はミラーレスというのをよく見かけます。

一眼レフやコンパクトカメラ、ミラーレスは何が違うかご存知ですか?

センサーのサイズと思った方は僕の記事をよく読んでくれてますね。
ありがとうございます。

なんとなく一眼レフを使うといい写真が撮れて、コンパクトカメラは「写真を撮るぞ!」なんてがんばっちゃうんじゃなくて、普通にちょこっと撮るみたいな感じでしょうか。
で、ミラーレスはよくわからないってところだと思います。

一眼レフやコンパクトカメラ、ミラーレスもレンズを通ってきた光をセンサーで受けるという基本的なカメラの原理は同じです。

コンパクトカメラはセンサーが小さいので、その分だけレンズやカメラ本体を小さく作れます。
この小ささこそが最大のメリットです。

最近はスマートフォンのカメラ性能がいいので、コンパクトカメラが売れなくなっているみたいですね。

ちょっとセンサーを調べてみましたら
iphone5は800万画素の1/3.2型で4.54×3.42ミリ
galaxyS4は1300万画素の1/3.06型で4.69×3.53ミリ
だそうです。

一般的なコンパクトカメラは1/2.3型で6.17×4.55ミリなので、スマホよりはコンパクトカメラの方が画質はいいと思います。

しかしながら、一眼レフなどに比べたら50歩100歩なので、そこまでの大きな違いはないでしょうね。

ちなみに同じ画素数なら、一眼レフでもコンパクトカメラでも撮った写真のサイズ(データ量)は変わりません(撮るものによって多少違いますが)
なのでコンパクトカメラで撮ったからといって、写真1枚の容量が小さい訳ではありません。

じゃあいったいどのカメラがいいのか?
これはほんとによく質問されます。

正直、よくわかりません。

コンパクトカメラをいろいろ試してみて、あれがいいとかこれがいいとかやったことがないからです。

どのカメラでもA4程度にプリントするなら問題ないと思いますね。
また同じクラス、同じ価格帯のカメラではメーカーが違っても、画質にそれほど大きな違いは無いと思っています。

ただメーカーによって発色は違いますね。
各メーカーでこだわりの色があるようです。

質問されたときは、好きなデザインのカメラがいいとか、高倍率のズームがあると使いやすいとか、発色を気にするならカメラ売り場にあるサンプル写真を見るのがいいと答えています。

もし画質が気になるようならもっと上の高級コンパクトと言われているクラスをオススメします。
1/1.7型のCanon PowerShot G16とかNikon COOLPIX P7800、2/3型のFUJIFILM XQ1、1型のSONY DSC-RX100M2などですね。

もちろん、メーカーによって発色は違いますよ。

個人的には富士フィルムの色が好き。

 

フィルムカメラの種類

今回はカメラの種類についてです。
基本的にデジタルのことを書こうと思うのですが、フィルムから進化しているので、ちょこっとフィルムについても書きます。

フィルムのサイズによってカメラの形や操作性、撮り方が違います。

最も一般的なのが35ミリ。
いわゆる普通のフィルムですね

中判(ブローニー)では6×4.5(ろくよんご)やハッセルブラッドなどの6×6(ろくろく)、6×7(ろくなな)、6×9(ろくきゅー)など。
単位はセンチです。
中判は縦6センチのロールフィルムで、カメラによって1コマを4.5センチや6センチで切っているのです。
長さによって規格が2種類あって、120と倍の長さの220です。

大型カメラでは4×5(しのご)、8×10(えいとばいてん)、11×14(いれぶんばいふぉーてぃーん)など。
単位はインチです。
フィルムは1枚のシート状でフィルムホルダーに1枚ずつ入れて撮ります。

一般的な35ミリのカメラは一眼レフとコンパクトカメラ、あとはライカのようなレンジファインダーですね。

デジカメでは一眼レフとコンパクトカメラ(コンデジ)が主流だったのが、最近はミラーレスが目立つようになってきました。

一眼レフとミラーレス、ミラーレスとコンパクトカメラは何が違うのかよくわからない人が結構いると思います。
レンズの交換ができれば一眼レフじゃないの?とか、小さいからコンパクトカメラじゃないの?とか、よくわからないですよね。

次回からわかりやすく書いていきます。

 

センサーはCCDとCMOS

前回はセンサーについて書きました。
今回はセンサーの種類です。

カメラのカタログを見ると「CCD(シーシーディー)」や「CMOS(シーモス)」と書いています。

なんじゃこりゃ?
センサーです。

それはわかる。何が違うの?
名前!

・・・。
すいません

一般的にデジカメに使われているセンサーには、CCDとCMOSの二種類あります。
素子が受けた光を電気信号に変えるプロセスが違うのですが、難しいことは無視します。

デジカメが一般的に出始めたころは、CCDの方がCMOSよりノイズが少ないなど、画質が良かったです。
しかし値段が高く、電池の持ちは悪く、回路が複雑で小型化できませんでした。
なので画質のいいデジカメはCCD、ケータイカメラはCMOSという感じでした。

しかし、それはもう昔の話。
今ではほとんどのデジタル一眼レフはCMOSが使われています。

CCDは現行の機種だとコンパクトカメラにしか使われていないんじゃないかな。
ペンタックス645Dという大きいサイズのカメラには使われていますね。

今や主流になったCMOSですが、メーカーによっていろいろあります。
メジャーなのがソニー製やキャノン製。
他にも富士フィルムのX-Trans CMOSセンサーとか、フォビオンの三層CMOSフルカラーセンサーなどがあります。

それぞれ特徴がありますので一概にどれがいいとは言えません。
好みの問題ですね。

さて前回のイラストに描いたベイヤー配列ですが、赤、緑、青が規則的に並んでいるセンサーのことをベイヤー配列といいます。
この並びは光を受けて、画像にするのに必要なのです。

赤、緑、青は光の三原則なのですが、難しいことは無視します。
ベイヤー配列というのも知らなくても、まったく問題ありません。
知らなくても写真は撮れます(^^♪

豆知識です。
ベイヤー配列が一般的でほとんどのセンサーがそれです。
ベイヤー配列じゃないのは、上に書いた富士フィルムのX-Trans CMOSセンサーと、フォビオンの三層CMOSフルカラーセンサーで、それぞれ独特な形状をしています。

この二つはあえてベイヤー配列にしていない訳なので、他のセンサーにはないメリットがあります。
詳しくはメーカーホームページを見てください。
個人的には富士フィルムのX-Trans CMOSセンサーが好き。

 

センサーのお話

前回は光を写し取るために、どういう経緯があったのかを書きました。
ちょっと難しかったですね。
化学と歴史のことなので写真の撮り方とは直接関係の無いことですけどね。

光を写し撮るのはアスファルトから始まって、ちょっと前まですべてフィルムでした。
それがデジカメになってからは「センサー」です。

日本語にすると「撮像素子(さつぞうそし)」といいます。
像を写し撮るための素子ということです。

「そし」と読みます。
人の名前の「もとこ」ではありません(^^)

「素子」は原子とか分子みたいな、ものすごく小さいものをイメージしてください。
一つ一つの光を受ける素子が、集まったものがセンサーです。

フィルムカメラではレンズを通して入ってきた光を、フィルムで受けて画像を作っていたのが、デジタルカメラはセンサーが光を受けているのです。

フィルムは光を受ける銀の分子が集まってできたもの。
センサーは光を受ける素子が集まってできたもの。

フィルムがセンサーに変わっただけで、写真の原理は変わっていません。

下のイラストの緑、青、赤の一つ一つが素子です。
この一つの素子のことを「画素(がそ)」と呼んでいます。
1千万画素と言えばこのセンサーの中に1千万個の素子が入っているということなのです。

最近はフィルムで撮った写真を銀塩写真と呼ぶ機会が多くなってきました。
デジタルじゃない頃はフィルムが当たり前だったので、あえて銀塩写真と言わなくてもよかったのですが、今やデジタルが主流なので区別しないとわからないですからね。

センサー.png

ベイヤー配列のことは次回に書きます。

 

フィルムの歴史

前回はカメラの原理、カメラ・オブスキュラの話をしました。
穴を通して入ってきた光をトレースすると写実的な絵になるという話でした。

写真は光が無いと写りません。
これは今も昔も変わりません。

今回は、穴を通して入ってきた光をどうやって写し取るかです。
というかフィルムの歴史ですね。

世界で初めて写真を撮ったのは1826年、フランスのニエプスという人です。

道路工事でおなじみのアスファルトが光に当たると固くなるという性質を利用しました。
アスファルトに8時間光を当てて、固まらなかった部分を洗い流し画像を作り出しました。
これが世界で最初の写真です。

その後、ニエプスは銀に光が当たると黒くなる性質に目をつけました。
この銀を使うという方法は現在のフィルムにも使われています。

フランス人のダゲールという人と一緒に改良を進めるのですが、ニエプスは1833年に脳卒中で亡くなってしまいました。
跡を継いだダゲールは『ダゲレオタイプ』を完成させました。
銀でメッキをした銅版にヨウ素蒸気をあてた後、露光(光を当てること)します。
この時点では画像は見えません。
その後、水銀の蒸気を当て「現像」をすると画像が浮かび上がってくるです。

続いてタルボットが『カロタイプ』を発明しました。
紙に塩化銀を塗って感光紙を作り、それに露光することで「ネガ」を作り出します。
そのネガを使って、別の感光紙に焼き付けるという方法です。
この方法で同じ画像を何枚も作り出すことができるようになりました。
1844年にこの方法で世界初の写真集「自然の鉛筆(Pencil of Nature)」が出版されます。

1851年にイギリス人のアーチャーが『コロジオン湿版法』を発明しました。
カロタイプは紙を使っていたので画像が鮮明ではなかったのです。
そこでアーチャーは無色透明なガラス板を使うことを考えました。
ガラス板にコロジオンという化合物と硝酸銀溶液を塗る方法です。
この方法のメリットは露光の時間が数秒と短いこと。
デメリットは乾かないうちに撮影から現像までしないといけないので、外で撮影しようとすると暗室を持ち歩かないといけないことです。

1871年にイギリス人のマドックスはゼラチンに臭化銀を混ぜた乳剤を、ガラス板に塗る方法を発明しました。
この方法は乾燥しているので『湿版』に対して『乾版』と呼ばれています。
湿版は自分で用意しないといけませんでしたが、乾版は保存できるので、工場で大量生産できるようになりました。
これで野外での機動的な撮影ができるようになりました。
しかしながら、ガラス乾版は重く、割れてしまうというデメリットがありました。

1880年(明治13年)ニューヨークでジョージ・イーストマンが乾版を作り始めます。
ここからよく知られているコダックとフィルムの歴史が始まります。

1885年、ジョージ・イーストマン率いるEastman Dry Plate and Film Company(イーストマン乾板およびフィルム会社)が初の『フィルム』を発売します。
キャッチコピーは「まもなく、屋外でもスタジオ内の撮影でも経済性と利便性の点でガラス製乾板に取って代わる、新しい感光フイルムが発売されます」
このことにより映画が作られるようになりました。

1888年、『KODAK(コダック)』という名称を使い始めます。
『THE KODAK CAMERA(コダックカメラ)を発売。
キャッチコピーは「あなたはシャッターを押すだけ、あとは当社にお任せください」

1900年、コダックがBROWNIE Cameras(ブラウニーカメラ)を発売します。
このカメラは1ドルで売られ、一般の人でも手が届くようになりました。
この画面サイズが6×9だったので、日本では中判カメラをブローニーと言うようになったのです。
ちなみにこのブラウニーはイギリスの妖精のことで、コダックはこの妖精をキャラクターで使っていました。

1925年、ライカが35ミリの映画フィルムを元にした「ライカI(A)」を発売。
これによって36ミリ×24ミリというサイズ(普通のフィルムのことね)が主流になりました。

1935年、リバーサル(スライド、ポジとも言う)フィルムの『コダクローム』が「映画用」として発売されました。

1942年、コダックが世界初のカラーネガを発売。

日本ではリバーサルは1942年(昭和16年)小西六(現コニカミノルタ)が『さくら天然色フヰルム』、カラーネガは1953年(昭和28年)にオリエンタル写真工業(現サイバーグラフィックス社)が『オリエンタルカラーフィルム』を発売しました。

フィルムは銀塩(塩化銀)を使っているので、銀塩写真と言ったりしますね。

1975年(昭和50年)、コダックが世界で初めてデジタルカメラを発明しました。
画像サイズは100×100の10,000ピクセルというものでした。

1994年(平成6年)にカシオから『QV-10』発表された。
この制作エピソードがプロジェクトXで放送されたことで、世界初のデジカメと思っている人が多いんじゃないかな。

現在はフィルムからデジタルが主流になってますね。
これは乾板がフィルムになったように避けられない流れなのでしょう。