Lesson

わかりやすい露出の話1

露出と言えば露出狂です(笑)
何かを見せたり、人前に出たりすることを露出って言いますよね。

ですけど、写真で露出と言った場合、フィルムやセンサーに光を当てることを指します。
他に露光と言ったりもします。

なんでこれを露出って言うのかはわかりません。
フィルムやセンサーを光にさらすからでしょうかね。

写真はセンサーに光を当てることで写るのですが、どのくらいの量の光を当てればいいのかが大事なポイントです。
これで写真の良し悪しが決まってきます。
多ければ明るすぎて真っ白な写真になりますし、少ないと暗い写真になってしまいます。

一眼レフでもコンパクトカメラでもオートで撮るときは、光の量をカメラが自動的に調節しています。
なので特に考えなくても写るんです。

そこから一歩進んで、明るい写真が好きとか、有名な写真家さんみたいに撮りたいなど、自分が思うように撮ろうとすると露出を理解しないと撮れません。

とは言うものの、難しく考える必要はないです。

基本的なことがわかれば、あとは撮った写真を見ながら調節すればいいんです。
撮った写真をすぐに確認できるのがデジタルのいいところですから。

光の量を調節するのに必要なのは「絞り」「シャッタースピード」「感度」の3つです。
これらの詳しいことは次回から書いていきます。

 

Comments

No comments so far.

  • Leave a Reply
     
    Your Name