Lesson

わかりやすい露出の話2 絞り

今回は絞りの話です。

フィルムに当てる光の量は絞りとシャッタースピードで調節します。

絞りとは簡単に言うとレンズの中にある「穴」です。
「穴」を大きくしたり小さくしたりして、そこを通る光の量を調節するのです。
言葉の通り光の量をギューっと絞ります。

絞りを閉じた状態
絞り閉じ.png

絞りを開いた状態(※わかりやすくするため完全に開いた状態ではありません)
絞り開く.png

穴が大きければ通る光の量は多くなるし、小さければ少なくなります。
絞り.png

この穴を開けたり、閉じたりして光の量を調節します。

カメラではこの穴の大きさを「F値(えふち)」で表記しています。

このFはFocal(フォーカル)、「焦点の」(形容詞)から来ています。
フォーカルプレーンシャッターなんて言葉もありますね。
ちなみに名詞の「焦点」はFocus(フォーカス)、オートフォーカスのフォーカスですね。

F値はこんな数値です。
[1] [1.4] [2] [2.8] [4] [5.6] [8] [11] [16] [22] [32] [45]
この間の数値もあるのですが、ここではわかりずらくなるので無視します。

また、なんで1とか2とかじゃなく、こんな数値なのかも難しいので無視します。
気になる方はウィキペディアのF値を見てください。
http://ja.wikipedia.org/wiki/F%E5%80%A4

この数値は単純に穴の大きさだと思ってください。
数値が小さい方が穴が大きく、数値が大きくなると穴が小さくなります。

これはよく間違えるポイントで、どっちがどっちかわからなくなっちゃうんですよね。
僕も昔はそうでした。
数値が大きい方が穴も大きい感じがしちゃうんですよね。
マニュアルで撮っていて、フィルムを現像してみると真っ黒で何も写っていなかったことがよくありました。

絞りリング.png

昔のマニュアルカメラはみんなレンズに「絞りリング」がついていました。
この絞りリングを回して絞りを調節するのです。
最近はカメラのダイヤルで調節するのが主流ですね。

写真のレンズは富士フィルムのXシリーズ用の、XF35mmF1.4 Rです。
富士フィルムのXシリーズは昔ながらの操作性でデザインされていますね。

さて絞りについて説明してきましたが、
絞りは大きく開けた方が光をいっぱい取り入れることができていいんじゃない?
穴を小さくする必要はあるの?
と疑問に思いませんか?

実は絞りには「いい写真」を撮る上で欠かすことができない、大事が役割があるのです。
それによって絞りを開けたり閉じたりするのですが、それはまた今度、こんな写真を撮りたいっていうところでお話します。

次はシャッタースピードのお話。

 

Comments

No comments so far.

  • Leave a Reply
     
    Your Name