Lesson

わかりやすい露出の話6 感度って何?

前回は絞りとシャッタースピードの関係でした。
今回は感度の話。
絞りとシャッタースピードと共に、露出を決める3つの要素、それが感度です。

感度とは、その名の通り「光をどれだけ感じられるか」です。

デジタルは感度を調節できるのでわかりづらくなりました。
わかりやすくするためフィルムで考えてみます。

フィルムだと、それぞれに感度が決まっているので、撮影中に感度を変えるにはフィルムを交換しないといけません。
撮影では同じフィルムを使うことが多いので感度は変わらず、露出は絞りとシャッタースピードだけ考えればいいのです。

いろんな種類のフィルムがありますが、それぞれに感度が決まっています。
富士フィルムだとベルビアはISO50、プロビアはISO100とISO400
白黒のネオパンはISO100とISO400など。
コダックならネガのポートラがISO160、ISO400、ISO800
白黒のT-MAXはISO100とISO400、トライXはISO400など。

ISOとは国際標準化機構の規格で、ISO9001とかISO14001なんかが有名ですよね。
フィルムの感度の規格もあって、「ISO100」や「ISO400」のように表示されます。
人によって「イソ」と言ったり、「アイエスオー」と言ったりします。
僕は「イソ」派です。
昔はアメリカ規格のASAとかヨーロッパ規格のDINで表示されていました。

ISOのあとの数値はこのようなものがあります。
[50] [100] [200] [400] [800] [1600] [3200] [6400] [12800] [25600]

数値が小さい方が低感度、大きい方が高感度です。
高感度の方が光を受けやすいので、暗いところでも撮れるのです。

高感度の方がいいと思われるのですが、感度が上がるとフィルムは粒子が荒れてきます。
デジタルはノイズが増えます。

粒子が荒れ、ノイズが増えるというのは、簡単に言うとザラザラな写真になってしまうのです。
表現的にわざとザラザラに撮るのはありだと思いますが、一般的には敬遠されてしまいますね。

フィルムだとISO400で粒子が目立ってきて、ISO1600になるとかなりザラザラ。
印刷原稿だとISO100じゃないとって感じです。

デジタルはひと昔に比べて高感度がすごくよくなりました。
ちょっと前まではフィルムと同じくらいだったのに、今ではLサイズにプリントするならISO6400でも気にならなくなりましたね(一眼レフなら)

センサーのサイズによって画質は違うので、同じ画素数で同じ感度でも一眼レフとコンパクトカメラではノイズの量は違います。
一眼レフのISO6400がコンパクトカメラのISO800程度なんてこともあります。
http://itohkei.sblo.jp/article/83189135.html
http://itohkei.sblo.jp/article/83205758.html

そんな訳でデジタルは高感度が良くなったおかげで、いったい感度はいくつで撮ればいいのかわかりづらくなりました。
フィルムだと買う時にもう感度は決まってしまうので、撮るものによってフィルムを選べばよかったんですけどね(だいたいISO100かISO400ですが)

この感度によって絞りとシャッタースピードが変わってきます。
それは次回書きます。

 

Comments

No comments so far.

  • Leave a Reply
     
    Your Name