Lesson

わかりやすい露出の話7 感度によるノイズの違い

前回は感度と絞りとシャッタースピードの関係でした
今回は感度によるノイズの違いです。

前回、感度を上げるとノイズが増えると書きました。
実際にどのくらいノイズの違いがあるのかをあげます。

これが元画像です。
ISO400~25600を撮って、各感度の赤線の部分を拡大してみました。
カメラはニコンD3、jpegで撮ったまま。
『高感度ノイズ低減』という機能がついているのですが、一番強い『high』です。
ISO1600からノイズ低減がかかっています。

ノイズ.png

ISO400
ISO400.jpg

ISO800
ISO800.jpg

ISO1600
ISO1600.jpg

ISO3200
ISO3200.jpg

ISO6400
ISO6400.jpg

ISO12800
ISO12800.jpg

ISO25600
ISO25600.jpg

ISO25600にまで上げるとさすがにノイズだらけですね。

カメラ雑誌やカメラサイトのレビューでは「~までは実用範囲」と書かれていることが多いですが、プロの方はともかく、趣味で撮るなら僕は気にならなければいくつでもいいと思います。

ちなみに僕はカメラにもよりますが、なるだけ三脚を使わず、手持ちで撮りたいのでISO800くらいまでは普通に使います。
大きくプリントしない家族の写真を撮るときなんかは、ISO3200とかISO6400も使いますね。

 

Comments

No comments so far.

  • Leave a Reply
     
    Your Name