Lesson

一眼レフの仕組み

今回は一眼レフの仕組みについてです。

一眼レフの一眼って何?

読んで字のごとくひとつの眼です。
つまりレンズがひとつということです。

2眼レフというのもあります。
レンズがふたつ付いています。
ローライフレックスが有名ですね。
画像を見たい方は検索してみて下さい。

一眼レフのレフって何?

ドイツ語のシュピーゲル(鏡)・レフレックス(反射)からきています。
一眼レフレックスの略ですね。

つまり一眼レフとはレンズがひとつで、光が鏡(ミラー)に反射する形をしたカメラのことです。

と言われてもよくわからないですよね。
イラストを用意しました。

レンズを通って入ってきた光をミラーで反射させて上にあるペンタプリズムに送ります。
ペンタプリズムでも光は反射してファインダーに送られます。
そしてファインダーで画像を見ることができるのです。

一眼レフ通常時.png

下は一眼レフのレンズを外した写真です。
カメラの中に鏡(ミラー)があります。
レンズを通ってきた光をこのミラーで上のペンタプリズムに反射させているのです。

ミラー.png

ミラーの奥にはセンサーがあります。
撮影するときはこのミラーが跳ね上がってセンサーに光が送られるという仕組みです。
センサークリーニングをするとミラーが跳ね上がってセンサーを見ることができます。

一眼レフ撮影時.png

一眼レフのメリットは実際に写るのと同じ画像をファインダーで見られることです。
レンズを通ってきた光は逆さまになるのですが、ミラーとペンタプリズムを通ることで、ファインダーでは正しく見えるのです。
2眼レフやレンジファインダーでは見る画像と実際に写る画像は違うのです。

ちなみに撮影するときはミラーが跳ね上がって光がセンサーに送られているので、ファインダーでは画像を見ることができません。
速いシャッタースピードなら1瞬だけですが、1分とか数十分、時には数時間かけて撮ることもあって、そんな時はずっと画像が見られないままになってしまいます。
これが一眼レフのデメリットですね。

 

Comments

No comments so far.

  • Leave a Reply
     
    Your Name